教育ローンの審査が甘いのは本当?なぜ?

銀行の教育ローンであれば一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きくローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

給与振込の口座として使っていたりや住宅ローンを利用していると金利が低くなる銀行もあります。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

教育一般貸付と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利になっているので安心して利用することができます。

世帯年収や子供の人数によって融資を受けられる所得の上限額が変わってきます。

使途は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを申し込むことは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

学生本人が教育ローンを借りることは基本的にはできないと思われます。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定継続した収入があることが前提となります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

参考:教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】

教育ローンを知っていますか?教育ローンとは借入の目的を教育関係の費用に限定されているローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクになります。

気を付けなければいけない点として融資機関によっては保育園の費用や習い事には利用できないローンがある事です。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資機関によってひじょうに差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の場合、口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

また、金利には2種類あり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

現在は低金利の時代なので固定金利の方が安心かもしれません。

教育ローンもローン契約なので利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

借入申込書はネットで申し込んだ場合は不要になりますが収入証明は必須です。

そのほか、運転免許書など本人確認書類や公共料金の領収書なども必要です。

しかし何より一番肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンという学びたい方のためのローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%の固定金利なので安心です。

融資の使途は大学や高校のほか専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

高校生の学費といっても私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ばなければいけません。

国の教育ローンを利用すれば世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職や年金受給者は借りれません。

正社員じゃないと借りられないということはありませんが安定継続した収入があることを証明する必要があります。

非正規雇用の場合は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

また、年収は200万円を下回るようであれば審査には通らない可能性が大きいでしょう。