住宅ローン借り換えを考えている方には楽天銀行がおすすめ

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。

契約終了には約3.4カ月かかる事が多いです。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金は一切かかりません!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

新生銀行の住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

住宅ローンを選ぶ際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が手軽で無料なことです。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減っていきます。

そうすると総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分をチェックしてください。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

どういったメリットで選ぶかを具体的に考えましょう。

他のメリットとしては、繰上げ返済が簡単なことです。

例えば繰上げ返済を行う際にネットからできる、一円から返済できる、といったことが大切です。

他にも。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

「最もお得な資産運用は繰上げ返済である」と言われるくらい大切です。

最近、ネットバンクなどを中心に非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どういった場合に問題が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義になってしまうことがあります。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの住宅ローン借り換えにかかる費用と税負担やかかる諸費用を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

引用:楽天銀行の借り換え諸費用は高い?フラット35!【金利・手数料が安い!】

楽天銀行で住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という「自動車ローンをすでに組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないとそもそもローンの借入不可なので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に車のローンを住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

毎月のローンの支払額や総支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行うことがあります。

では、その場合、今までの火災保険は継続できるのでしょうか。

もし今、借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換えを行う時は他の保険に加入することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、保険金額が適切な金額になっている必要があります。

借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は平成21年から借り換え融資プランができて住宅ローン借り換えをフラット35同士で借り換えを行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースが多いです。

基本的には変動金利の方が1%から2%低く設定されているのでお得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?中には頭金を払わずに組む人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

そういった悩みを解消するのに返済額を減らそうと住宅ローン借り換える方もいます。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と思っているようですが場合によっては審査に落ちることもあります。

一例として、転職をして年収や職場が変わった場合や転職をして年収が下がってしまった場合や年収に対してローン返済額が増えているということで引っかかるようです。

こういったことがあるので1度通ったからと安心しないようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うにあたり色々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う多くの方はお願いする司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関が指定する司法書士を選ぶことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

多くの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えの手続きはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なくできている方という項目があり、他の銀行もほとんど同じ審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくい可能性はあります。

新規の借入時よりも金利が下がっている場合はメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

最初に組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は気をつける必要があります。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時には物件の担保評価が中古物件扱いになるので予定していた金額を借り入れることができない場合もあります。

他にはカードローンを新たに利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。